2008.9.25
By さわらびY(ゆみ)

42  2008夏のワークショップ〔貝輪製作実験工房〕

猛暑の夏も楽しくワークショップ
8月3日(日)第37回馬場小室山遺跡研究会ワークショップは、さいたま市西区内野のギャラリー「風画」に遠征し、前回の市民フォーラムで土器作りについてお話いただいた井出政男氏の個展「遥かな縄文土器」を鑑賞しました。
(私は仕事で参加できなかったので、連れ合いが撮ってきた画像を紹介します)



縄文時代の腕輪「貝輪」製作に挑戦
8月10日と9月15日のワークショップは、「貝輪工房」を開催。石で貝を割るけたたましい音が三室公民館に響き渡りました。
(あるけ〜さんの動画 You Tubeでその音を実感してみてください)
さて縄文時代にはやった貝製の腕輪「貝輪」はどのように作るのでしょう。



房総の海岸で集めたベンケイガイ(奥)
手前は、イタホガキとサトウガイ

荒割一次
ベンケイガイの中央部を軽く敲きます

裏返して中央部を強めに
丁寧に敲いて・・

細かいひびが入ったら→

軽く一撃!

真中がポッコと抜けます=快感!のひと時

いったんこの快感を覚えると、病みつきになります

この段階までの成功率は2割ぐらい

ここから荒割2次作業

表からも敲いて穴を拡げていきます 

細さに欲張ると、危険率90%?

荒割完了! 選ばれし奇跡の賜物です

ここから研磨、ひたすら根気の作業です


砥石の代わりの紙やすりでは
効率的でないのですが・・

子供がはめても痛くないところで完成!

 まだ改良の必要があるよう。⇒次ページ『「貝輪」つくり-3回目の挑戦』でうまく作るコツを伝授します。


できた貝輪をはめてみる
貝輪は本当に腕に装着できるのでしょうか。できた貝輪を実際にはめてみました。

小学校6年生(12歳)の男の子 らくらく通ります

今年の第5回馬場小室山市民フォーラムのキャラクター「ムロさま」の晴れ姿
            (井山真理さん作)


貝輪は一つじゃなくて、複数装着が常識。
出来上がった4個の貝輪をはめてみると・・→




LINK⇒
わたしの「貝輪=楽器」論


実は、12歳の男の子も、女子大生も4個のうち手が通ったのは1個だけ。
そこで、小学校3年生の女の子に、はめてもらいました。
かるがると4個とも通って、手を振るとシャラシャラととても良い音がします。
貝輪って、装飾品って思われてきたけれど、楽器だったのかもしれません。
貝輪をつけて踊る少女たち。
縄文の祭りが今始まります。

では、私も。(○○歳 成人女子)
手を上手に回すとなんとか通ります。